コインチェックに口座を開設する!

コインチェックからはじめたという人が多く、
初心者さんに分かりやすく使いやすい取引所です。
もちろんベテランさんも利用している信頼できる取引所です。

コインチェック(coincheck)の詳細情報から口座開設手順まで(画像解説付き)

コインチェック(coincheck)の詳細情報から口座開設手順まで(画像解説付き)

このページでは、日本国内大手の仮想通貨取引所である『コインチェック(coincheck)』をご紹介します。

仮想通貨の取引をしている方の中で、このコインチェック(coincheck)を知らないという人が、まず、いないというぐらい初心者の方からベテランの方までが使いやすいと評判の高い取引所になります。

このページの流れは、まず、コインチェックの詳細情報を解説してから、口座開設手順を画像と共にお伝えしています。

もし、コインチェックの詳細情報が不要という場合は、読み飛ばしてください。

どこの取引所で仮想通貨取引をはじめたらいいのかな?とお悩みの場合は、この『コインチェック(coincheck)』からはじめてみることをおすすめします。

実際に私自身も、このコインチェック(coincheck)を日本国内の取引所においてはメインに使用しています(^^)




コインチェックのおすすめポイント

  • 取引画面がシンプルでわかりやすい
  • 仮想通貨の購入が簡単
  • ビットコインの出来高(取引量)が日本一(現物取引のみ)
  • アルトコインの取扱い数が日本一多い
  • スマホから簡単に購入できる
  • 2段階認証でセキュリティも安全

コインチェック(coincheck)の管理画面

画面がシンプルなので、初心者の方でも迷うことなく直感的に仮想通貨の取引をはじめられます。
下記に画面のイメージを載せておきます(^^)

取引は、
販売所の場合:日本円で500円から
取引所の場合:0.005btc(数千円)

からはじめられます。

1btc=50万円の場合、
0.005btc=2,500円です。
  • コインチェック簡単購入画面
  • コインチェック簡単売却画面
  • コインチェック板情報売買画面
  • コインチェックチャート売買画面
  • コインチェックスマホチャート画面
  • コインチェックスマホ簡単購入画面
  • コインチェックスマホ簡単売却画面
  • コインチェックスマホ管理画面

アルトコインの取扱い数が日本一多い

ビットコイン(bitcoin)以外にもイーサリアム(Ethereum)や、イーサリアムクラシック(EthereumClassic)、リスク(Lisk)、Factom(ファクトム)、モネロ(Monero)、Augur(オーガ)、リップル(ripple)、ジーキャッシュ(Zcash)、ネム(NEM)、ライトコイン(Litecoin)、ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(bitcoinCash)といった、人気の高いアルトコインも取り扱っている取引所になります。

コインチェックのコイン一覧
ビットコインの取引に慣れて、自分の応援したいアルトコインが出てきた場合に挑戦してみてください。

※コインチェックを含め、国内の取引所でアルトコインを購入すると手数料が割高になることから、ビットコイン以外のアルトコインの売買は海外の取引所で行なうという人が多いですが、海外のサイトを使用するのは抵抗があるという人には上記のアルトコインに関してはコインチェックで簡単に購入できるといったメリットがあります。

仮想通貨の取引に慣れて、自分の応援したいアルトコインが出てきた場合に挑戦してみてください。

海外の取引所の解説については、別の機会にお伝えしますね。

コインチェック(coincheck)の各種手数料

口座開設手数料 無料
口座維持・管理手数料 無料
ビットコイン売買手数料 無料(期間限定)
アルトコイン売買手数料 無料(期間限定)
ビットコイン送金手数料 0.0005BTC
スワップポイント
(信用取引)
買い0.04%/日、売り0.05%/日の支払い
入金手数料 住信SBI銀行から振り込むと無料で振り込むことができます。その他の銀行口座からの振り込みは金融機関の所定額を参考ください。

クイック入金は365日24時間、振込が可能ですが、3万円未満の入金手数料が756円、3万円から50万円が1,000 円かかります。
日本円出金手数料 400円
仮想通貨全体の売買手数料が、無料というありがたい取引所です。ただこの取引手数料無料は期間限定になっています。終了の際は2週間以上前に終了の予告があるとのことです。

万全のセキュリティー対策で安心・安全

やはり、誰もが一番心配なのが、セキュリティーは大丈夫なのか?ということだと思います。

ある日突然、持ってたはずの仮想通貨がハッカーによって盗まれた!などといったニュースが世間を騒がせています。
基本的には、保険がある訳でもなく、取引所が保証してくれる訳でもなく、自己責任の基で管理をしてくださいというスタンスになります。

なので、資産は分散して保存しておく(複数の取引所で分けて保持する)スタイルがリスク分散の1つとして考えられます。

そして、少しでも安心なセキュリティー対策が施されている取引所を選ぶことが大切です。

日本国内の大手の仮想通貨取引所ではもちろん万全なセキュリティー対策は行われています。
このコインチェック(coincheck)でも2段階認証という二重のセキュリティー対策を設定することができます。

1段階目は、通常のIDとパスワードの認証、そして、
2段階目は、ワンタイムパスワードといった数分ごとにパスワードが入れ替わり、時間を過ぎるとそのパスワードは無効になるというモノです。
コインチェックの2段階認証イメージ図
ここで注意したいことは、ご自身で設定を有効にしなければ、初めからは設定されていないということです。
せっかく、購入・投資した仮想通貨です。ご自身でしっかり守って行きましょう。

コインチェック(coincheck)の運営会社情報

会社名 コインチェック株式会社

※2017年3月10日にレジュプレス株式会社からコインチェック株式会社に社名を変更
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2丁目7−3 いちご恵比寿西ビル4F
設立 設立としては2012年8月28日で
2014年8月Coincheckサービスの提供開始、
2014年11月ビットコイン取引所「Coincheck Exchange」の提供開始となっています。
※仮想通貨事業としては2014年8月のようですね
資本金 9,200万円
代表取締役 和田 晃一良
店舗でのビットコイン支払いが出来る「coincheckpayment」や、電気代をビットコインで支払える「coincheckでんき」など、国内における仮想通貨の決済システムの普及を先行して着手しているという信頼できる企業です。

コインチェック口座開設手順

パソコンに不慣れな方でも口座の開設が行えるように画像を使って1ステップずつ解説していますのでご安心くださいネ(^^)

口座開設、維持自体は、完全無料ですので、この機会に一緒に作りましょう。

※口座開設はスマホからでも可能ですが、パソコンの方が操作性が良いのでここではパソコンで進めます。

コインチェック(coincheck)のトップページを開く

まずは、下記のリンクからコインチェック(coincheck)の口座開設ページを開いてください。

コインチェック(coincheck)口座開設はこちら →コインチェック公式サイト

メールアドレスとパスワードを入力

コインチェック(coincheck)で使用する『①メールアドレス』と『②パスワード』を入力して『③アカウント作成』ボタンをクリックします。

コインチェックユーザ登録①

入力したメールアドレスとパスワードは、以後、コインチェックにログインする場合に使用しますので、
忘れないようにメモしておいてください。

確認メールがコインチェックから届く

コインチェック(coincheck)側から上記で入力した『メールアドレス宛にメールを送信した』というメッセージが表示されます。

英語表記で表示された場合は、日本語で表示を有効にすることで下記のメッセージに変わります。

メールアドレス確認メッセージ日本語

メールボックスを確認してリンクをクリック

あなたのメールボックスに、コインチェックから『 Please Confirm Your Email Address 』というタイトルで下記のメールが届きますので、赤枠で囲ったリンクをクリックします。

コインチェックからの確認メール

メールアドレスの認証成功

このページが表示されたら、メールの認証が正しく行われたということになります。

続いて、赤枠で囲った「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。
ここは、電話番号認証になります。

コインチェック本人確認

スマホ電話番号の認証

ここでは、スマホ電話番号の認証を行なうことになります。

認証コードがメール(SNS)で送られてきますので、メール(SNS)が使用できるスマホの電話番号を入力します。

『電話番号』欄に、あなたのスマホの電話番号を090もしくは080から入力して、『SNSを送信する』ボタンをクリックします。

コインチェック電話番号認証

注意:メール(SNS)の機能については、ドコモやau、ソフトバンクのスマホを使用している場合は特に問題はなく使えると思われますが、最近話題の格安スマホを使用する場合は、SNSの機能が付いているか確認してからご使用ください。

スマホのSNSに認証コードがコインチェックから届く

下記のメールがあなたのスマホに数分以内に届きます。

メールに記載されている認証コードを『送信された認証コード』欄に入力して、『認証する』ボタンをクリックします。

認証コードを入力

電話番号の認証成功

このページが表示されましたら、電話番号の認証が成功です。

それでは、どんどん進めますね。

次は、住所の登録等に進みます。

赤枠で囲った『本人確認』をクリックします。

コインチェックの本人確認2

コインチェックの重要事項の確認

ここでは、コインチェックで仮想通貨の取引を行なう上での重要事項の確認、同意を行ないます。
PDFファイルにそれぞれの重要事項が記載されていますので、目を通して『同意します』にチェックを入れ、『各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用』ボタンをクリックします。

コインチェックの重要事項確認

重要事項確認OK・個人情報提出に進む

重要事項の承諾にチェックが入りました。

つづいて、あなた自身の住所や身分書といった個人情報の入力ページに進みます。

コインチェックに本人確認書類提出

個人情報提出

ここでは、あなたの個人情報の登録を行ないます。

注意事項としましては、
1.ここで登録する住所・氏名と身分書の住所・氏名が一致していること
2.身分書が有効期限内のものであること
3.身分書の写真が鮮明に撮れていること
が挙げられます。

写真は、スマホで撮影するときれいに撮れます。
1.本人と一緒に身分書が映っているもの
2.身分書の表面
3.身分書の裏面
をそれぞれ下記のサンプル画像を参考に撮影してください。

写真を撮り終わったら、パソコンで見れるメールにスマホから送って、下記の写真項目に登録するだけです。

それでは、すべての項目を入力して、『本人確認書類を提出』ボタンをクリックします。

個人情報入力画面

個人情報提出完了メールがコインチェックから届く

コインチェック側で、提出書類の確認ができ次第、下記のメールがきますので、あとは、自宅にコインチェックからハガキが来るのを待つのみです。
個人情報提出完了メール

コインチェックから登録した住所にハガキが届く

自宅に、コインチェックから下記のハガキが届きます。

ハガキを自宅で受け取ったら正式にコインチェックへの登録が完了になります。

コインチェックからはがき到着
お疲れさまでした(^^)

コインチェック(coincheck)口座開設はこちら →コインチェック公式サイト

コインチェック口座開設のまとめ

コインチェックへの口座開設は日本国内で今後、仮想通貨取引を行なう上では、必須の取引所になってくると思われます。

ビットコインの取引においてもそうですが、その他のアルトコインも簡単に購入ができるというメリットがあります。

今は、仮想通貨が過熱しています。パソコンに不慣れな人でも簡単に取引ができるコインチェックは、私がおすすめする取引所No1です。

次回は、コインチェックへの入金方法、仮想通貨の購入・売却方法、出金方法について解説しますので楽しみにしておいてくださいね。
>>仮想通貨の売買方法はこちら

関連記事

ビットフライヤー(bitflyer)の詳細情報から口座開設手順まで(画像解説付き)

このページでは、日本国内大手の仮想通貨取引所である『ビットフライヤー(bitflyer)』をご紹介します。 「仮想通貨の取引をしたことがない!」という人でも、ビットフライヤーのテレビCMを目にしたことがあるという人もいらしゃるんじゃないですかね・・・国内...

zaif(ザイフ)の詳細情報から口座開設手順まで(画像解説付き)

このページでは、日本国内大手の仮想通貨取引所である『zaif(ザイフ)』を紹介します。 このzaif(ザイフ)という仮想通貨取引所の特徴というか目玉は、取引すれば手数料がもらえるという他の仮想通貨取引所にはない嬉しいサービスがあることです。 他の取...

PAGETOP