仮想通貨投資のはじめ方

ビットコイン・仮想通貨の投資が数十円からできる!って、
ご存知ですか?

トップ

仮想通貨の理解が深まるサイトです

仮想通貨投資案内人ヒデティーの画像

はじめまして、当サイト(仮想通貨情報サイト)をご覧頂きましてありがとうございます。当サイトの案内人のヒデティー(HIDE-T)と申します。

このサイトではタイトルにもあるように仮想通貨投資・ビットコイン投資をはじめようとお考えの初心者さんに向けて情報を配信しています。

まったくの初心者さんであっても、基本知識からはじまって実際に仮想通貨の取引ができる中級者のところまでご案内しますので、少しお付き合い頂ければ幸いです。

今は仮想通貨の世界でバブルがおこっています!

実はこのタイミングで仮想通貨投資にたどり着いたあなたは、とてつもなく幸運の持ち主なんです。

これから、どうぞよろしくお願い致します。

あなたは、仮想通貨と聞いてどのようにイメージしますか?

なんとなく、
お金のようで、そうでないような・・・
ギャンブルの類いじゃないの・・・
リスクがありそうで怖そう・・・
などなど、あまりプラスのイメージは持っていないのではないでしょうか・・

あやしい!もしかしたら詐欺的なモノかも・・と感じているかも知れません!

ですが、これからお伝えする内容を知れば、
あやしいモノでも詐欺的なモノでもない革命的なモノということを実感できると思います。

2017年が仮想通貨元年です

このサイトでは、仮想通貨について、良い面も悪い面も含めて1つずつお伝えして行きますので、あなたの目でしっかり確認して、最終的な判断を行なってくださいネ。

それでは、お伝えして行きますね。


仮想通貨とは

仮想通貨を一言でいうと、「デジタル上(パソコンやスマホなどの画面上)でのみ存在する世界共通で使える最先端のIT技術を使った通貨(お金)」です。

わかりますかね?
私たちが、今現在常識的に、お金として使っているような硬貨や紙幣のように、手にとって触ることはできないモノになります。
データーとして存在して、データで支払いや受取りを行なう形のお金なんです。

これだけ聞くと、やはりあやしいと感じますよね!あなたの大切な資産を、こんなおもちゃみたいなモノに任せられないと感じますね。

ですが、これが未来のお金として注目が集まり、日本でも正式に認められ、今こうしている間にも、どんどん進んで行っています。

改正資金決済法が2017年4月1日に改正されて、『仮想通貨も実質的に通貨のように決済に利用できる』ということになりました。

正式に「仮想通貨をお金として扱う」と、日本国で決定されたのです。
※これまでは、仮想通貨はモノとして扱われていました。

このことからも、2017年は仮想通貨元年!!と言われています。

この改正資金決済法の成立・施行に伴い、今後は仮想通貨が今までの法定通貨である日本円と同様、私たちの普段の生活の中でも使われる可能性が非常に高くなっています。

既に家電量販店ビックカメラやコジマ、ソフマップなどでは、実際の決済にビットコインを導入しています。

各銀行でも銀行独自の仮想通貨も含めて、その準備をはじめています。

現在(2017年)は、仮想通貨バブルと言われていて仮想通貨の価格が日々上がっていることから、投資目的で仮想通貨を保有しているという人がほとんどですが、今後は実生活にも大きく関わりが出てくることが予想されます。

2017年1月から2017年10月で、ビットコインが5倍、6倍の価格になっています!専門化の間では、これからもまだまだ上がると言われています。

ですが、100%ではないことを頭に入れておいてくださいネ。投資の世界ですので、いくら専門化の意見が良い方向を向いていると言っても、マイナスに向かう可能性も含んでいるということしっかり理解しておいてくださいネ!!

仮想通貨、呼び方について

ここで、先に仮想通貨の呼び方について、お話ししておきますね。

仮想通貨もいろいろな呼び方があるんですが、このサイトでは、『仮想通貨』で統一しています。

ネット上、もしくはテレビもしくは人によって「仮想通貨」と呼んだり、「暗号通貨」と呼んだり、「代替通貨」もしくは「デジタル通貨」と呼んだりと、いろいろです。

実は、どの呼び方も間違えということはありません。

呼び方について、まだ日本で正しく定義されていないこともあり、このようにバラバラになるんです。

本来、英語では「cryptocurrency:クリプトカレンシー」と呼ばれています。
「crypto」は暗号、「currency」は通貨を意味します。

仮想通貨を英語で表現すると「virtual currency:バーチャルカレンシー」となります。

「virtual」とは、事実でないことを仮にそう考えるということになりますので、「お金であってお金でない」という意味になります。

ということから、正しい呼び方は『暗号通貨』の方かも知れません。

実は、
仮想通貨と呼んでいる国は日本だけになります・・・(笑)

ただ、このサイトでは、お伝えした通り、日本人がよく使う呼び方である『仮想通貨』を使用しています。

仮想通貨の種類

次は、仮想通貨の種類について、お話ししますね。

新聞やテレビなどで、ビットコインが大きく取り上げられているため、「仮想通貨=ビットコイン」、それのみと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は仮想通貨は1,000種類以上存在と言われています。

その仮想通貨の中でも、ビットコインはさらに特別な存在であることから、仮想通貨と言うとまずはじめにビットコインが取り上げられているんです。

何が特別かと言うと、知名度はもちろんのこと、時価総額でも他のコインより圧倒的に多く王様的な存在になっています。

なので、
仮想通貨の世界では、ビットコインとそれ以外に大きく分けられ、ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと呼びます。

なので、ビットコインとアルトコインという図式になるんです。

仮想通貨ビットコインとアルトコイン

それでは、アルトコインはどういう通貨なのか?というと、ビットコインの足らない部分を補うために作られていると考えられます。

この1,000種類以上のアルトコインの中には、ビットコインに匹敵するぐらい素晴らしく価値のあるものから、まったく何の価値もないモノまで存在するので、投資をする際は注意が必要です。

実はこのアルトコインの90%が何の価値もないコインであるとも言われています。

長期的な目線で仮想通貨を保有しようと考える場合は、この見極めが必要になってきます。

仮想通貨投資においては、損をしたとかだまされたという人が多いことも事実です。

詐欺も横行しています。
まったく価値のないコインを今後、値上がりするからといった甘い言葉で誘い、お金だけを支払った後、連絡が付かないとか、購入金額の半値以下に値下がりしてしまったとかは、よく聞く話です。

この投資の世界では、絶対と言うことは100%ありませんので、これはお互いに頭に入れておきましょうね。

また、先日、中国で規制が入ったICO案件も正しい知識を持って行わなければ、大損する可能性があります。

※ICOを簡単にいうと、株式でいうところのIPOと同じようなモノで、未公開の仮想通貨(アルトコイン)を取引所に上場させることで、上場と同時に価値が数倍もしくは数十、数百倍に跳ね上がることを期待して、公開前にプレセールで割引価格(格安)で購入すること。

仮想通貨をはじめて間もない内は、甘い言葉に安易に投資をしないようにするのが賢明ではないでしょうか。
※日本国内の大手取引所で扱っているビットコイン・アルトコインだけにしておくことをおすすめします。

日本国内の大手取引所(コインチェックやビットフライヤー、Zaif)で扱っているコインであれば、ネット上に情報もたくさんありますし、流動性もありますので安心です。

例えば、

・ビットコイン(王様)
・イーサリアム
・リップル
・イーサリアムクラシック
・モネロ
・ファクトム
・ネム
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ

などですね。

仮想通貨の特徴

先ほど、「改正資金決済法で仮想通貨もお金として扱われるようになった」とお伝えしました。

今も、日本円というお金があるのに、なぜ、わざわざ新しいお金を作る必要があるの?と疑問に思われるのではないでしょうか?

実は、このネット社会にマッチした新時代のお金で、概念も違いますし、今お使いの日本円より便利でお得に使えるというメリットもあります。

それでは、もう少し掘り下げてお話ししますね。

1.世界共通で使えるお金
2.手数料が格段に安くになる
3.国、銀行に依存する必要がなくなる
4.デジタル上でのみ存在する通貨

大きくは、この4つが挙げられます。

それでは、1つずつ解説します。


1.世界共通で使えるお金とは


日本では円、アメリカはドル、ヨーロッパはユーロといったその国独自の法定通貨がありますが、仮想通貨は、その国、その地域だけで使われる法定通貨ではなくて、国境を持たない世界通貨として使うことができるというものです。

例えば、海外旅行に行くために、わざわざその国の通貨(お金)に両替しなくてもそのまま使うことができますし、ネットなどで海外で買い物をする場合にその国の通貨に両替する必要がないということです。両替の手数料がかからないのです。

今は、ビットコインだけが、買い物や支払いなどに対応しているところがほとんどですが、今後は他の通貨(アルトコイン)も使えるお店が増えてくるのではないでしょうか。

どこの国でも、同じ価値、同じ値段で、取引ができるのはありがたいですね(^^)

2.手数料が格段に安くになるとは


そのままですが、国内外問わず、送金する場合の手数料が安くなるといったメリットがあります。

例えば、日本から海外にお金を送金する場合の費用には、送金を行う銀行に払う手数料、海外の中継銀行・受取銀行に支払う手数料、円から特定通貨に両替する両替費用などさまざまな費用がかかります。それだけで、数千円かかります(送る金額にもよりますが・・・)。

それが、仮想通貨では、途中の費用が大幅に削減できて、送金にかかる費用がどこであっても数十円から数百円で済むといったメリットがあるんです。

もう1つ、クレジット決済でいうと、
会社やお店でクレジット決済を導入している場合、売上の数%の手数料をクレジット会社に支払っていると思うのですが、これを仮想通貨決済に変えることで決済手数料を抑えることができるということが挙げられます。

銀行の手数料が高いと感じていらっしゃるなら、仮想通貨は朗報じゃないでしょうか(^^)

3.国、銀行に依存する必要がないとは


まずはじめに、仮想通貨の発行は国ではないということ頭に入れておいてください。

仮想通貨が生まれた背景には、2008年のリーマンショックで国や国の金融機関に疑いを感じた者たちによって特定の国や企業の思惑に左右されない仕組みとして仮想通貨が作られたという説もあります。

そこに共感をした世界の技術者が最先端のIT技術を駆使して作られました。

その後、2013年にキプロスの金融危機をきっかけに一気にビットコインが買われて、盛り上がっていったという流れです。

財政危機や政府を信用できない国では、いつ自国の法定通貨が紙切れになるかもしれない、もしくは預金の引き出しを制限されるかわからないという不安から、その価値が高まりました。

このように、自国がどのような状況になっても、一国や一銀行に依存することなく、通貨の価値が保たれるのですから安心感がありますね。
そして、次に紹介するのですが、仮想通貨は、データですので簡単に海外に資産を移すことができるということも買われる原因でしょうね。

4.デジタル上でのみ存在する通貨とは


パソコンやスマホといった、画面の前(デジタル上)で表示されるだけであって、100円玉や1万円札というように、一般的なお金とは違って、実体として存在しないということです。

イメージとしては、TポイントなどクレジットカードのポイントやスーバーでもらえるポイントもしくはPASMO(パスモ)などになります。

※実際は全く違うモノですので、あくまでもイメージだけ捉えてくださいネ。

例えば、
貯まった(もしくは入金した)ポイントで買い物をするとします。

その、貯まったポイントは、ほとんどの場合、物理的に存在しない(メダルとか紙幣になっていない)ので、インターネットを通して確認するか、カードを提示してお店のレジや機械で確認します。

仮想通貨もこれと同じように、メダルとか紙幣になっていません。

仮想通貨上に所有者は、○○さんですというデータを保有していることになります。

確認や使用は、各自が仮想通貨を保存しているウォレットといわれるデジタル財布からとなります。

落とす心配や盗まれる心配がなくなるという安心感があります。

その反面、しっかりと管理をしていないと、ハッカーによって盗まれるといった危険もあります。

ますは、大きくはこの4つが仮想通貨の特徴になります。

1.世界共通で使えるお金
2.手数料が格安になる
3.国、銀行に依存する必要がない
4.デジタル上でのみ存在する通貨

いかがですか?
便利なのは分かった!ですが・・・・

そうなりますよね(^^;)

セキュリティ的には大丈夫?
ある日突然無くなった!とかならない?

わかります。心配ですよね。
私もはじめはそうでした・・・ですが、安心してください。

次は、その仕組みがどのようになっているのかをお話ししますね。

仮想通貨には最先端のIT技術であるブロックチェーンが使用されている

仮想通貨にはフィンテック(Fintech)というIT技術を使った金融テクノロジーが使われています。
このフィンテックとは造語で、ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を組み合わせたといった意味になります。

フィンテックの領域は決済・投資・融資・・・と多岐にわたりますが、その中で、もっとも注目される技術は、仮想通貨でも使用されているブロックチェーンと呼ばれるものです。

フィンテックブロックチェーンビットコイン仮想通貨アルトコインの図

ブロックチェーンを日本語で言うと、「分散型台帳技術」というもので、中央集権型の管理を行わず、世界中にあるコンピューターにデータ(取引履歴)を分散させて保存し、改ざんや破損などのリスクが低くなるように作られたネットワーク上のシステムになります。

もう少し具体的に言うと、

今までの銀行では、中央のコンピュータ1つで取引データを管理していたのですが、このブロックチェーンの技術では、1つのコンピュータで取引データを管理するのではなく、不特定多数のコンピュータに取引データを分けて保管して管理するという形になります。

こうすることで、

1つのコンピュータに故障が発生しても、すべての取引が停止せずに済むというメリットが生まれるということです。

銀行の場合、中央コンピュータ1つで取引データを管理しているので、仮に、この1つのコンピュータに故障が発生すると、すべての取引業務が停止してしまいます。

ですが、

ブロックチェーンでは、仮に1つのコンピュータが停止しても、不特定多数のコンピュータに取引データを保管しているので、他のコンピュータは動いていることになります。すべてが一斉に停止するといったリスクがなくなるということになります。

続いて、セキュリティー面はというと、

不特定多数のコンピュータに保存された取引データは、最先端のIT技術(テクノロジー)を使って暗号化して保存されています。
そして、そのデータはすべての利用者が確認できる形になっています。

つまり、ネットワーク全体で取引データを監視していることになります。

そうすることによって、仮に不正や改ざんがあったとしても、すぐに発見されて、修正されるということになります。

それでは、
ブロックチェーンを技術的な面から見ておきますね。イメージだけつかんでください。

①過去から現在までの取引データの1つひとつを一定量ごとに一塊(ブロック)にして分けます。

②その一塊(ブロック)ごとに不正や改ざんが起こらないようにカギをかけます。

③その取引データの塊であるブロックを暗号化してそれを鎖(チェーン)でつないで追記して行きます。

ブロックチェーンのイメージ画像


そして、ブロックチェーンと仮想通貨をひもづけて、コンピュータ(不特定多数の中一つ)に保存します。

その後、新たに仮想通貨の取引が発生した場合は、その都度ブロックの追加が繰り返されて行きます。

データの保管方法、管理方法がそもそも、今までの銀行とはまったく違う形になっているんですね。

実はこのブロックチェーンの技術が、今後の銀行のあり方までも変わることになり得ます。

実際に一部の銀行では、ブロックチェーンの技術を使った仮想通貨の開発をはじめています。

UFJ銀行が独自の仮想通貨「MUFGコイン」の開発を行なっています。

また、
先日のニュースにあった、みずほ銀行が、Jコインの創設に向け、ゆうちょ銀のほか約70行の地銀が参加する準備会合を開いたなど、着実に銀行が独自の仮想通貨を取り入れる動きが見えています。

それでは、もう1度繰り返しますね。

今現在、銀行に預金して、お金の管理をしていると思います。
そして、金融機関では、巨大なコンピュータで取引データを一元管理する形になっています。

今までは・・・

それが、仮想通貨の世界ではどうなのか?というと、特定のコンピュータで取引データを管理するのではなくて、不特定多数のコンピュータに取引データを保管して管理するという形になります。

そして、不特定多数のコンピュータに保存された取引データは、最先端のIT技術(テクノロジー)であるブロックチェーンとよばれる方式で暗号化されて保存され、そのデータはすべての利用者が確認できる形になります。

つまり、ネットワーク全体で取引データを監視をするということになります。

そうすることによって、仮に不正や改ざんがあったとしても、すぐに発見されて、修正されるということになります。

ビットコインはどのようにして生まれたのか?

仮想通貨の誕生は、2008年にネット上にあがったビットコインに関する1つの論文がきっかけでした。
そこから、開発がスタートしたと言われています。

そこにSatoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)という署名があったことから、日本人のように思われますが、その存在は未だに謎に包まれています。
日本人なのか?個人なのか?組織なのか?も分かっていません。

一説によると、リーマンショックが原因で人々が国や金融機関を信用できなくなったことが原因とも言われます。

ネット上にあがった論文は、
「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」(ビットコイン:P2P電子決済システム)というもので、

簡単に言うと、
従来のような管理者を持たないP2P(個人間で直接やり取り)の仕組みを利用して処理を分散させて、暗号化の技術を組み合わせて信頼性を担保するという通貨の仕組みです。
ビットコインの仕組みを詳しく知りたい場合は実際の論文を読むことができますので参照ください。

<外部サイト>https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

この論文の考え方に、多くの研究者やプログラマーが賛同して、有志でプログラミングを行い、2009年にビットコインが初めて発行されたという流れになります。

発行当初はビットコインが仮想通貨として機能するのか、検証することからスタートしました。

ある日、エンジニアの一人が、面白半分で「ビットコイン1万枚とピザを交換しない?」という投稿しました。このジョークを面白いと思った別のエンジニアが、ピザ屋に2枚のピザを注文をしたところ、1万ビットコインと交換できました。

この取引が、ビットコインでの史上初めての取引だったと言われています。

ピザ2枚、1万ビットコインで取引成立

このように、ジョークからスタートしたビットコインの支払(決済)でした。

それが、だんだん価値を持つようになってきて、通貨として認められるまでなったということになります。

ここまで、ご覧頂いたあなたは、もうご理解頂けていると思いますが、仮想通貨は、コンビュータプログラムになります。
通貨という名称が付いているため、今までの常識では、メダルや紙幣に感じるかも知れませんが、この常識は捨ててくださいネ。

仮想通貨はどこで買うの?投資する方法は?

仮想通貨のことを分かってくると、儲かりそうだし、これから伸びてきそうだし、少し持ってみたいなと感じるかも知れません?

しかし、価格はどれくらいで、どこで買えばいいのか、どう買うのかなど、まだ全然分からないと思います。

価格はどれくらいから投資できるのかというと、実は数十円、数百円からスタートできるんです。
今、ビットコインの価格は数十万円になっています。しかし、その数パーセントから購入ができるようになっています。

操作に慣れるためにも、お小遣い程度からはじめてみてもいいんじゃないでしょうか?

次は、取引の形態についてお伝えすると、現物取引とFX取引とがあります。

現物取引とは、ご自身の手持ち金額の範囲内で仮想通貨を売買する方法

そして、

FXは、レバレッチ取引、信用取引とも言われ、手持ち資金の何倍もの取引が可能というものです。仮想通貨を取引所から借りて、値動きのサヤをとるというものです。FX取引では、価格が下げの方向に動いた場合でも、利益を出すことが可能というメリットがあります。

初心者の場合は、現物取引の方をおすすめします。

取引に慣れてきたら、どちらの取引形態をとるか?もしくは両方を組み合わせるか?をご自身の投資スタイルで決めるのもアリでしょう。

もちろんですが、投資すれば必ず儲かるということはありませんので、あくまでも自己責任で、余裕な資金の範囲で行なってくださいネ。

それでは、仮想通貨取引はどうすればスタートできるのかというところに進みます。

これは、仮想通貨取引所に口座を開設して、その取引所で行なうことになります。

口座の開設はどこも無料で行なうことできますので、まずは、口座開設をして仮想通貨に触れてみると、より理解が増すと思います。

習うより慣れろ!ですね。

実は仮想通貨の価格は、株とか為替FXと違って、その取引所ごとに決まってきます
ですので、取引所によってばらつきが生じます。

次回は、日本国内から安心して仮想通貨の取引ができる大手の取引所を紹介しますので楽しみにしておいてください。
仮想通貨取引を行なう上で必須の取引所ですので間違いはありません。

仮想通貨とはのまとめ


いかがでしたでしょうか?
仮想通貨がどういうモノなのか理解できましたでしょうか。

それでは、このページでお伝えした内容を整理しますと、

1.仮想通貨は硬貨や紙幣のような実体はなく、デジタルデータであるということをお伝えしました。

2.改正資金決済法が2017年4月1日に改正されて、日本国でも正式に仮想通貨がお金として扱われるようになったということをお伝えしました。

3.仮想通貨には大きく分けてビットコインとアルトコインがあるということをお伝えしました。

4.仮想通貨の特徴が4つあって、
1つ目が世界共通で使えるお金
2つ目が手数料が格段に安くになる
3つ目が国、銀行に依存する必要がなくなる
4つ目がデジタル上でのみ存在する通貨
であるということをお伝えしました。

5.仮想通貨には最先端のIT技術であるフィンテック、ブロックチェーンが使用されているということをお伝えしました。

6.ビットコインがどのようにして生まれたのか?ということをお伝えしました。

7.仮想通貨の取引が数十円、数百円からスタートできること、取引形態には、現物取引とFX取引とがあるということをお伝えしました。

こちらのページでは仮想通貨とはどういうモノなのか?ということを中心に要点を、かいつまんで解説させて頂きました。

次ページからは、いよいよ実践編をスタートして行きます。
まずは、実際に作業を行なうことで、理解も深まると思いますので、是非挑戦してみてください。

次は、仮想通貨の取引を行なうためにはじめに行わなければならない、仮想通貨取引所に口座を開設するステップになります。

下記のリンクから、次ページに進んでください。(^^)